とある千葉の交通日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 袖ケ浦駅旧駅舎のその後

<<   作成日時 : 2014/11/29 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

10月12日に新しい駅舎の供用が始まった袖ケ浦駅で動きがありました。

画像
開業から1ヶ月経った袖ケ浦駅新駅舎

画像
新駅舎につながる階段横から
旧駅舎が解体されてなくなっていました。
フェンスで囲まれているので中には入れない状況です。

画像

画像
更地になっている場所に駅舎がありました。
手前に新駅舎とつながる階段が伸びる予定です。
跨線橋はまだ残っていましたが今後解体されます。

画像

画像
解体前の袖ケ浦駅

画像
工事が続いているのでロータリーにはまだは入れません。


画像
旧駅舎の改札内にあったトイレが閉鎖されてから使用されていた仮設トイレ

画像
新駅舎の供用が始まったのでトイレは閉鎖されました。

画像
駅舎の工事は終わりましたが周囲の工事はまだ続きます。
最終的に駅舎が完成するのは平成27年12月の予定です。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、バスの乗るために袖ヶ浦駅南口に行ってきましたが、駅舎を細かく見ることが出来ませんでした。
因みに、そのバスは東京ドイツ村のシャトルバスです。
交通のレポーター
2014/11/30 07:08
>交通のレポーターさん
ドイツ村のシャトルバスについては次回取り上げます。
キュービックファン
2014/12/04 22:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
袖ケ浦駅旧駅舎のその後 とある千葉の交通日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる