Bトレ製作記東急8500系編

今回はいつもと違うネタを。
数年ぶりにBトレインショーティーを作りました。
Bトレインショーティーはバンダイが販売している鉄道模型です。
Nゲージよりも車体が短いのが特徴です。

画像
東急8500系は東急田園都市線・大井町線や東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線・日光線などで見られます。


それでは説明書を見ながら中身を確認します。

画像

あれ、パーツが足りない。
ガラスパーツや妻板などが入っていませんでした。
バンダイに送ると後日箱に入って返ってきました。


画像

画像
今度はちゃんとパーツが入っていました。


まずは先頭車(デハ8600)から。

画像
作り方は一般的なプラモデルと同じでニッパーを使ってランナーからパーツを切り離して組み立てます。
接着剤は使いません。
最初にガラスにブロックを取り付け、それから屋根を取り付けます。
屋根は2種類あり、パンタグラフなしのパーツを選びます。

続いて妻板と側面を取り付けます。

画像
電車らしくなってきました。


画像
最後にスカートと前面を取り付けます。
動力を入れる予定なのでシャーシは組み立てず、これでボディの素組みは完成です。


続いて中間車(デハ8700)を作ります。

画像
最初にパーツがあるか確認しましょう。

画像
今回は説明書とは違い、ガラスに側面のパーツを先に取り付けます。
こちらの方がパーツ同士がぴたっとはまる気がします。
屋根はパンタグラフつきのパーツを選び、パンタ側の妻板は配管ありのパーツを取り付けます。

画像
とりあえず2両分完成しました。
残りの2両は後日作ります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年03月24日 21:46
鉄道模型等を作ると鉄道の出来方も分かるのでしょうね。
因みに、僕は鉄道模型を含め模型を作ったことがありません。

残りの2両の制作も頑張って下さい。
2015年03月25日 22:31
>交通のレポーターさん
Bトレは自分の手で作るので頭を使いますが、完成したときの喜びもひとしおです。
Nゲージと比べると安価なのでこれから鉄道模型を始めたい人におすすめです。

この記事へのトラックバック