北総鉄道7260形に乗車1

15日に北総鉄道7260形が運用に入っているという情報をキャッチしたのでまずは船橋駅へ。

画像

画像
京成AE100形AE168編成シティライナー
あまり撮ってない車両なので見かけたら撮るようにします。
隣に停車している車両は2月にデビューしたばかりの京成3000形3030編成。

3700形の快速に乗って京成高砂駅へ。


画像
北総鉄道7300形7808編成
京成からリースされた編成で元3700形です。

画像
京成3700形3738編成

画像
北総鉄道7260形7268編成

7260形は京成からリースされた元3300形3308編成、3316編成です。
前から2両目(7262)に乗車して座席に座れました。
新柴又からスピードを出します。
発車して加速する時は205系のように前後に揺れ、ブレーキは少し強いです。
くぐもった肉声放送や扇風機が設置されている車内はいかにも昭和の車両らしく、タイムスリップしたような気分になります。
新鎌ヶ谷までは高架とトンネルが多いです。

新鎌ヶ谷駅でスカイライナーの退避とアクセス特急との接続をとるのでしばらく停車。
鉄道ファンが10数人いました。

画像
汚れた方向幕は長年走っている証です。

画像
印旛日本医大方の先頭車(7261)

画像
京成高砂方の先頭車(7268)

新鎌ヶ谷から7両目(7267)に乗車。
ここからは高架と掘割が多くなります。
徐々に乗客が減っていき、印西牧の原駅でどっと降りました。
印旛日本医大駅に到着すると鉄道ファンがあちこちで撮影していました。

画像
7260形の側面

この後、2番線から引き上げ線へ入りました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2015年03月30日 20:53
僕の場合は、7260形の様に貫通扉が真ん中の方にあると時代を感じる車両だと思います。
2015年04月01日 22:43
>交通のレポーターさん
京成だと3600形までは車体の中央に貫通扉がありますが、3700形や3000形の貫通扉は左側に寄っていて左右非対称の顔になっています。

この記事へのトラックバック